理解されることが大切な家族葬

理解されることが大切な家族葬 葬儀にはいろいろなかたちがあります。宗教的な部分から行われてきたことは間違いありませんが、もっと身近なかたちで行われるようにもなってきました。家族葬もそのひとつであり、現代では珍しいものではなくなってきました。家族葬のイメージは、遺族で行うものというところになるでしょう。少し範囲を広げたとしても、親しかった人を数人だけお声がけする程度の葬儀というかたちです。こうした範囲に収まっているのは、家族葬というものがなにか決まった定義を持っているわけではないからです。決められた定義がないからこそ、なかなか理解されないようなことも起きてしまいます。事前にある程度の話し合いも必要になってきますし、一定の取り決めも考えておく必要があるでしょう。

理解を得ていくことは家族葬にとって重要なことになってきますが、認識の違いという部分を考えておかなければいけません。葬儀という部分でとらえている印象の違いもありますし、宗教観といった部分も発生してきます。遺族が考える故人との関係の違いもあるでしょう。葬儀に参加することができないということが、大きなもめ事になってしまうこともあるのですから、お知らせを文書として作ったりしながら理解してもらえるような形を作らなければいけません。その時には、香典や弔問の辞退といったことも明記しておくことによって、大きな問題になることを未然に防ぐことができます。

家族葬を何度も取り扱っているという葬儀社を選ぶことも必要になってきます。葬儀社が手慣れていることによって、問題なく進められるようにもなりますし、費用的な部分もまとめていくことができます。注意しなければいけないのは、慣れていないところでは、家族葬のパッケージになっていても、ただ費用を抑えているというだけであり、品質的に問題があるようなケースもあるからです。これまでの実績や経験、見積もりの内容といったところから吟味していく必要があるでしょう。

故人のためにも葬儀はトラブルなく行いたいものです。揉めたりするような葬儀はだれもが望むものではないからです。親戚だけではなく、近隣の方々にも理解されるような対応をすることが必要です。身内だけでコンパクトな葬儀にすることができる、費用的にも抑えることができるようになるのは大きなメリットになってくるでしょう。だからこそ、周囲の方への配慮を忘れず故人のために慎重に決めるようにしましょう。

最新ニュース